IDCサーバルーム

レンタルサーバーの種類とは?初心者でもわかる4つのサーバー

サーバーって何なの?サーバーの仕組みとは

サーバーはサービスを提供するコンピューターのことで、インターネットの向こう側にあります。

インターネットは世界中にあるサーバーの集合体でつくられていると考えてオッケです。
サービスを提供してくれるサーバーがなければ、インターネットそのものが成立しないです。

インターネットに接続されたパソコンやスマホのブラウザで「yahoo.co.jp」と入力してポチると、Yahoo! Japan のトップページが表示されます。
これは「Yahoo! JAPAN が見たいよ~」という要求に対して、Yahoo! JAPAN のウェブサーバーが「はいよ」と応答してデータを送信してくれてます。

サービスを提供してくれるサーバーに対して、要求する側をクライアントといいます。
クライアントとサーバーで役割を分ける仕組みのことをクライアントサーバモデルと言ったりします。

レンタルサーバーって何なの?借りないとダメ?

レンタルサーバーとはサイトを運営する人に代わってサーバーを提供してくるサービスのことです。

コンピューターを買ってきて、自宅においてインターネットに接続すればサーバーを運用することもできます。
しかし、サーバーは24時間動いているものなので、うるさくて寝れなかったり、火事が心配になったり、電気代がかかったりと煩わしいです。

一般的なインターネット接続では、IP アドレスは共有してみんなで使いまわしますが、
サーバーを提供するためには、ドメイン名とIP アドレスを固定して紐づける必要があります。

いま普及しているIP アドレスは、IPv4 と呼ばれていて48億個以上は割り当てることができないです。
有限のIP アドレスを固定で使うためには別途申し込む必要があり、プロバイダーによっては数千円から月1万円くらいかかったりします。
ダイナミックDNS などのサービスを利用すると、固定IP じゃなくてもサーバーを運用できますが、設定が面倒だったりします。

趣味でやる分には自分でサーバー一式を運用してもいいとおもいますが、サイトを運営したい人にとっては、ただただ手間がかかるだけです。
なので、サクッとレンタルサーバーの業者にお願いするのが一般的です。ワンコインで心の平和が保たれます。

自分でコンピューターを買ってデータセンターに設置してもらうことをハウジング、
コンピューターを用意してもらって借りるだけのことをホスティングと言ったりします。

サーバーの種類は?全部で4つです

レンタルサーバーの種類ですが、共用・VPS・専用・クラウドの4種類にざっくり分けられます。
用途と予算によって、どのタイプのサーバーを選べば良いかが決まるとおもいます。

共用サーバーとは?みんなでシェア

共用サーバーとは、1台のサーバーを複数のユーザがシェアするタイプのサーバーです。
シェアハウスをイメージしてもらうと分かりやすいとおもいます。
ワンコインで簡単に運用をスタートできます。

VPS サーバーとは?数名でシェアするサーバー

VPSサーバーとは、仮想専用サーバーのことで1台のハイスペックなサーバーをOS 単位で共用するサーバーのことです。
仮想化の手段は色々ありますが、共用と専用サーバーの良いとこどりをしたタイプで、マンションのイメージに近いです。
スペック次第ですが、料金も1,000円~10,000円と幅があります。運用を開始する環境は自分で構築する必要があります。

専用サーバーとは?一人で独占するサーバー

専用サーバーとは、1台のサーバーを自分だけで使うタイプのサーバーです。
まさに一戸建てです。料金は10,000円~数十万円するものまでピンキリです。
最低限のソフトウェアしかインストールされてないので、一から構築する必要があります。

クラウドサーバーとは?大規模向け

クラウドサーバーとは、数十台から数万台のサーバーをひとつにまとめて仮想環境をつくり、リソース単位でレンタルするタイプのサーバーです。
Amazon の AWS が世界一のシェアをもっており、世界中のロケーションでサクッとサーバーの環境がつくれます。
AWS は従量課金なので、使った分だけ料金を払えばいいのですが、専用型のサービスと比較すると割高になることがあります。
AWS だけでもEC2、リージョン、インスタンスなどなど、覚えないとダメなことも多いので、中・大規模向けのサービスです。

まとめ

はじめての人は、何も考えずに共用サーバーを選んでオッケです。共用サーバーで慣れてから、VPS なりクラウドを検討してみください。

セキュリティの問題もあるので、仮想サーバーなりクラウドサーバーを自分で運用するのは結構大変です。もし、サーバーの運用が煩わしいと悩んでいる方がいたら、個別にご連絡ください。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.