PHPサーバー

PHP の使えるサーバーとは?PHP の理解が深まり最適なサーバーが探せる

PHP とは?何でみんなPHP を使うのか

PHP はWebサイトをつくることが得意なプログラミング言語です。

Web サイトだけならHTML でもつくれますが、フォームに入力されたデータを処理したり、データベースからデータを持ってくるにはPHP などのプログラムが必要になります。
PHP はC言語で開発された「Personal Home Page Tools」が起源です。略してPHP Tools。グリーンランド出身のラスマス・ラードフさんが個人で開発した言語です。
HTML に埋め込んでPHP を使うこともできるので、オブジェクト指向うんぬんと余計なことを考えなくても扱うことができます。

PHP でつくられている代表的なソフトウェアに WordPress があります。このブログも WordPress です。
WordPress は Web サイトを管理・更新するCMS のシェア1位で全体の60% を占めています。ぶっちぎりで普及してます。
CMS シェア2位 のJoomla、3位 Drupal などもPHP です。CMS だけではなく、企業のコーポレートサイトやEC サイトなどでもPHP は広く使われています。

PHP のメリットとは?ライトなことです

PHP のメリットは手軽にサクッと使えることです。大多数のレンタルサーバでPHP は使えるのでサーバ代も安くなります。
普及率が高いので何か困ったことがあってもインターネットで簡単に調べることもできます。

プログラミングの初心者でもある程度は扱えるので、セキュリティうんぬんの問題は常に付きまといますが、Web 系システムの案件はPHP か Java のほぼ2択になってます。

C やJava などは言語は、自分で書いたプログラムを動かす際にコンピューターが理解できるように機械語に変換する必要があります。これをコンパイルといいます。
自分でやってみると分かるのですが、動作を確認する都度コンパイルが必要になるので萎えます。よく分からないエラーが出たりすると激萎えです。

PHP はコンパイルしなくても内部エンジンの Zend Engine が勝手にコンパイルしてくれます。Perl なども同じ仕組みで、インタプリタ言語と呼ばれます。
コンパイル地獄を経験すると、コンパイルの手間がなくなることは奇跡で、エラーへの対応も容易になるので開発の効率が飛躍的に上がります。

PHP は Apache のモジュールとしても動作するので、他の言語と比較した時に、環境を構築するのが簡単です。
共用型のレンタルサーバでは PHPが最初からインストールされており、契約したらすぐに使うことができます。

Java(JSP) は Tomcat というWeb コンテナを別途インストールする必要があります。レンタルサーバの仕様を確認するとわかりますが、Tomcat の利用できる共用サーバはほぼないです。
Java を使う場合は、VPS なり専用型のサーバを契約して、自分で環境を構築する必要があります。Linux などのサーバの知識も必要になるので、Java はなかなかハードルが高いです。

PHP はフレームワークの種類が多いのもメリットのひとつです。フレームワークとは、共通する機能をまとめてライブラリにして開発の効率を上げるためのソフトウェアです。
プログラミングをする場合は、フレームワークのある・なしでコーディングと保守にかかる時間がかなり違ってきます。色々とショートカットできるので、どの言語でもフレームワークを利用するべきです。
PHP にはSymfony、CakePHP、Zend Framework、FuelPHP、Codeigniter、Yii などの実績豊富なフレームワークから、勢いのある Laravel まで用途に合わせて多彩なフレームワークを選べます。

PHP のデメリットとは?手軽すぎることです

PHP のデメリットは言語としての自由度が高い分、PHP 製ソフトウェアでセキュリティの問題が発生しやすいことです。

WordPress でも第三者が不正にアクセスできる脆弱性がみつかり問題になることがあります。

自由度の高さはプログラマーの裁量がそのままコードに反映されることにもなります。
特にフレームワークを使ってないPHP の保守を請け負うとスパゲティーコードの無限地獄にハマります。抜け出せないヤツです。
該当するコードがどこに何を書いてあるかを探すのに時間をひたすら使うため、エラーの原因や脆弱性の有無を判断する前に力尽きます。

PHP 関数の命名規則やオブジェクト指向の問題、実行速度あたりがデメリットとして賛否両論になりますが、これは他の言語でも問題になるところです。

PHP に最適のオススメのサーバは?Mixhost です

2018年12月時点で一番オススメのサーバは MixHost
です。サーバの設定が簡単で、ドメインの設定が無制限でSSL も無料で使えます。
共用型のサービスですが、HTTP/2 に対応するなど他のレンタルサーバよりもWebサーバの高速化にかなり力をいれてます。

現在主流のHTTP/1 は1990年に開発されたものなので、いまの時代には合わない仕様があったりします。
HTTP/2 はHTTP/1 の良いところを踏襲しつつもクライアント・サーバ間の通信効率を大幅に改善し、数倍から数十倍の速度アップが可能になります。
WebサーバにはApache との親和性が高い LiteSpeed を採用しており、より高速にPHP が動きます。

cPanel というサーバ管理のコントロールパネルが用意されているので、ドメインの設定からデータベースの管理までウェブ上から操作できます。

まとめ

PHP は最もよく使われているサーバーサイドのプログラミング言語です。
インターネットの情報も豊富で対応しているレンタルサーバも多いので、自分で簡単なサービスをつくる時も使い勝手がいいです。

いまから勉強するなら PHP + Laravel のほぼ1択だとおもいます。
実績豊富な Java や Ruby などの優れたオブジェクト指向の言語もありますが、開発効率を考えるとPHP がもっとも便利です。

このブログでもMixHostを使ってますので是非試してみてください。

サクサク動くのでめっちゃ快適ですw

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.